凹凸こそがキレイに着こなせる秘訣

  • 投稿日:
  • by

お洋服を素敵に着こなしている方...、そんな方をよく観察してみると、いろいろ見えてくることがあります。それは、お洋服はただ痩せていれば素敵に着こなせるわけではない、ということです!

 

●痩せているだけだと服の印象が強くなる

服を着ているのではなく、服に着られている...、などとよく言いますが、痩せすぎで胸もお尻もない体型では、服の印象のほうが強くなってしまう傾向があります。やはり女性であれば、適度のカーヴはないと、洋服を素敵に着こなすのはなかなか難しいといえるかもしれませんね。

 

●がりがりすぎる人は他人からどう思われる?

がりがりに痩せている人を見て、痛々しいと思う方もいらっしゃるかと思いますが、例えばよく通っているカフェであれば、「ああ、あの痩せてる人ね?」と痩せていることが自分を説明するときのポイントになってしまうことも。さらに、スポーツクラブであれば、「あの人あんなにやせてるんだから、体鍛えることないのに」と思われてしまったり...。逆に、痩せていても胸とお尻がある人だと「スタイル抜群」「モデル体型」とうれしい言葉をもらえるので、痩せたい人はいかに胸とお尻のサイズを落とさずに痩せることができるかに意識を持っていくとよいかもしれませんね。

 

●胸もお尻もない人の対策法

胸とお尻がない、と悩んでいる方は...、胸を育てるのによいとされている食材を意識して摂取するようにしてみましょう。バストアップサプリもアリですね。さらに、ブラの場合はカップがパッド入りで、丸みのあるバストに見せてくれるものを選んだり、パンツにヒップパッドが内蔵されているパンツをはいて、美尻を演出するのもお勧めです。下着だけで補正するのではなく、体から変えていく姿勢は大切ですよね。

 

服をキレイに着こなしたいのであれば、痩せすぎでなかなか太れない人は別として、ダイエットで必死に痩せ体型を維持している方は、胸とお尻が戻るように若干お肉を戻し、丸みのある体型の方は胸とお尻を維持したまま、スポーツなどでウェストやヒップ、太もも、二の腕を引き締めるのが一番お勧めです!

 

バストアップで食べてはいけないもの

痩せてるだけじゃ魅力的じゃなくない?

  • 投稿日:
  • by

「私もやせれば可愛くなれる」、「痩せればモテるはず」、「痩せれば彼を見返せるはず」、「痩せれば友達よりも可愛くなれるはず」...。いろいろな動機で、女性はダイエットを頑張りますよね。

 

素敵なお洋服を着こなすのに、余分なお肉がついていたら素敵に着こなせないですし、ほぼ万年ダイエットをしている女性も一般的になりつつあります。

 

とはいえ、実はモデル体型を目指している女性に違和感を覚えている男性は、結構いるものなのです。女性が必至でダイエットをしていても、内心では(そんなに太ってないのに...、それ以上痩せてどうするの?)なんて思っていることも!

 

ここでは、痩せすぎの女性への男性の本音をちらっとご紹介してみたいと思います。

 

<痩せすぎ女性に魅力を感じていないワケ>

男性は本能の中に、自分の子供たちを残す本能がありますよね。女性も同じですが...。そして男性はそのため、女性をチェックするとき、無意識に「この女性は自分の子供を産める人かどうか」も瞬時に判断しているのです。

 

痩せすぎでは、健康な子供は生まれないかもしれない。赤ちゃんを育てるのに、十分な母乳が作り出せないかもしれない。そう判断してしまうことも!そうなると、男性は魅力を感じなくなってしまうのです。

 

・モデル体型は勘弁。痩せすぎで気持ち悪い。

・骨と皮だけの体は、見ていて痛々しい。

・痩せすぎている女性がオシャレをしても、足と腕の細さ、皺にドン引き。

・ダイエット頑張りすぎている女性は、なんだかガサガサして見える。

・スリム体型は好きだけれど、胸がない人は論外。

・胸がなくなるくらいなら、ぽっちゃりのほうが魅力的。

・ダイエットを頑張りすぎている彼女とはデートしても楽しくない。

・一緒に食事をするのが気まずい。

・ダイエット以外に考えることがないのかと思うと、頭の中身が心配になる。

 

いろいろな女性誌やネットから、「痩せすぎの」女性に対する男性の本音を取り上げていますが、スリムすぎる女性はお断りなのですね。スリムでも、胸とお尻がしっかりある方が一番の理想、といえるようですね!

同じ服でも着る人によって印象がかわる

  • 投稿日:
  • by

皆さんが絶対避けたいと思われていること、これは「洋服が人と被る」ことではないでしょうか?

実は以前、私が電車に乗っている時に、某安売りリテイルストアのお洋服を着て立っている人の横に、まったく同じ服の人が立って、私も含め全員ビックリ、気まずくなった後から来た人が車両を変えたということがありました。大量消費のリテイルストアのお洋服で、私も一目見て、ああ、あそこで売ってたやつだな、と思ったのですが、まさか全く同じお洋服の人が二人同じ車両に居合わせるなんて、かなり不運ですよね。

しかも、一人の方は年齢がたぶん40代、もう一人の方は20代くらいだったのです。この場合、20代の方がおばさんくさいのか、40代の人が若作りなのか、わかりにくいかもしれませんが、実は40代の方の若作りだった、と個人的には思っています。スカート丈が、ひざ上5cmだったので...。同じ服でも、着ている人によって印象がガラッと変わってしまうなあと、その時に痛感したものです。

けれど、同じ服の人に遭遇することはまれなので、あまり心配することはないかもしれませんが...

ここでは、同じ服でも印象ががらりと変わってしまうのは、なぜなのか、考えてみましょう!

 

①    年齢

 先ほど上げたように、年齢が上の方が、若い方の服を着てしまうと、やはり若い方が着るよりもシルエットや素材で、安っぽく見えてしまったりしますね。安い素材は、若い人であれば違和感なくても、年齢がそれなりなのに、ぺらっとした安い素材を身に着けると、違和感が出てしまうのです!

 ②    体系の差

 体型の差も、同じ服でも印象が変わることがあります。例えば、最近人気の緩めのシルエットのワンピースを、ぽっちゃり体型の方が着用したら、体にぴったり合ってセクシー寄りのワンピースに見えるのに(しかも胸などでスカート丈が若干上に上がるのですよね~!)、華奢なスタイルの方が着用すると、ゆったりめで、どちらかというと清楚系のワンピースだったりするのです。もちろん、セクシー系のぴったりとしたワンピースを、胸のサイズが小さめの方が着ると若干貧相に見えてしまう、なんてこともありますし...。

 ③    ヘアスタイルの差

例えば、シンプルな黒のワンピースをショートヘアの女性が、スニーカーで着こなしたら...、ボーイッシュな中に女らしさを感じるコーデとして見えるかもしれませんが、ロングのウェービーヘアの女性が、華奢なヒールを合わせていたら、セクシーなコーデに見えますよね。ヘアスタイルや体型、年齢で、同じ服でも印象ががらりと変わるもの。お洋服を購入する際には、購入する前に、よく考えて、他の人が着たらどうかな、といったことまで視野に入れて選びたいものですね。